BODY/PLAY/POLITICS展

横浜美術館で開催中のBODY/PLAY/POLITICS展に行って来ました。

 

 

身体を通じて世界の歴史、政治、人間の身体や集団としての行動などをモチーフに

それぞれの角度から表現していく現代の作家たちの作品の展示会でした。

 

 



 

 


ヨーロッパとアフリカ、東南アジア、そして日本。
テーマに対して様々な角度から捉え表現している作品の数々に考えさせられる展示会でした!

 

12月14日まで開催中ですので是非足を運んでみて下さい!

 

 

shinoe

birthday party

 

 

誕生日会を開いて頂きました!

 

 

 

 

 

今年で3年目になり人としても美容師としても飛躍の一年にしたいと思います!

これからもprahaの一員としてお客様のためお店のために全力でがんばります!



shinoe

Prahaのお花

今月のprahaのお花です。

 

 

 

 

 

季節によって変化していく彩りに四季の素晴らしさを感じます。

 

 

中目黒にある『ex.』の田中さんいつもありがとうございます!!

 

 

 

praha

 

 

 

 

トーマスルフ展


国立近代美術館で開催中のトーマスルフ展に行って来ました。


 

 

 

 

 




デジタル画像処理による今までに見たことのないような作品、これからの写真表現の可能性を感じることができました。

巨大なポートレート、絵画のような作品の様々に終始圧巻されました!



11月13日まで開催中ですので是非足を運んでみてください!



shinoe

FIGARO 撮影

 


先日雑誌FIGAROの撮影が行われました。


モデルさんのご協力のおかげですごく素敵な作品に仕上がりました!
発売がすごく楽しみです!



ご協力頂いたモデルさん、FIGARO関係者の皆様本当にありがとうございます!



10日20日発売ですので是非店頭でお手に取ってください!

 

 

 





shinoe

 

 

prahaのモノ

 


創業1950年から60年の歴史を歩んでいます。

 

使われていた当時の声、ブランドの歴史を感じる事が出来ます。



 
shinoe

 

メアリーカサット展

 


横浜美術館で開催中のメアリーカサット展に行ってきました。



18世紀後期から19世紀前期にかけて活躍した画家です。 自らは結婚も出産もせず画業を貫きました。
しかし「母子像の画家」と呼ばれた彼女の一生を展示を通して感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





展示の最後に「アーティストである喜びと比べられるものが、いったいあるというのかしら?」という本人が残した言葉があります。

彼女の画家としての人生を全て物語っている言葉だと思います。


彼女の父親は21歳で画家を目指しパリに渡る時「お前が画家になる姿を見るくらいなら死んだ方がマシだ」と激怒し、全く援助をしなかったそうです。

結果的に彼女は画家として成功し、家族全員でパリへ移り住むことになるのですが、そこへ辿りつくまでの努力は並大抵ではなかったと思いますし、その精神力たるや想像を絶します。

作品からもその想いの強さを感じることができました。


横浜美術館で9月11日まで開催中ですので是非足を運んでみてください。

 

 

 

shinoe

ROOM51の朝

 

 

 


眩しいほどの太陽に照らされ今日も朝を迎えます。



shinoe

 

 

 

prahaのモノ




Ilmari Tapiovaara


木の温もりも感じることができる素敵な椅子です。



shinoe

show case

prahaに新しい仲間が加わりました。




1920年代のショーケースです。

当時はどのような物が飾られていたのか気になりますね。











prahaのカウンターもより雰囲気が増し素敵になりました!


shinoe