in北国

お正月に東京〜新潟〜酒田〜新潟〜高崎〜太田〜浅草〜東京へ行ってきました。

冬の北国は初めてなので防寒や大雪吹雪を心配しつつもワクワク新幹線で向かいました。

来ました日本海!ずっと海岸沿いを行く列車の中で日本海を見ながら、気持ちは演歌でしたね。
酒田には写真家の土門拳美術館があります。この美術館をデザインされた方がイサムノグチさん。あいにく今回は閉館されてました・・・!
気は取り直し、美味しいご飯に美味しいお酒、でやっぱり風邪をひいて帰って来ました。
帰りに群馬の実家にも新年の挨拶に行きました。この晩から久しぶりの40℃近くの高熱
この歳で母親に看病してもらうのが少し照れくさかったです。

僕が10歳の時に植えた樹です。今年もこんなに実がなってくれてて感動しました。頑張ってますよね!何か大切な事を学んだ気がします。
皆さん、くれぐれも風邪に注意ですよ。

                  
                   大川
  
            

2009年 praha

              2008年 
     お客様をはじめprahaに力添えしてくださった皆様
     本当にありがとうございました。
     皆様のおかげで本当にすばらしい一年となりました。
     心よりお礼申し上げます。
              2009年 
     prahaは三周年を迎えることができました。
     これも日頃からprahaを温かく見守ってくださる
     お客様やスタッフのおかげとあらためて感じます。
     2009年スタッフ一人一人が切磋琢磨し
     prahaが向上・発展する一年にして行きたいと思います。
     本年もよろしくお願い致します。
             


                 大川   

男34歳


書店で思わず手に取り34歳の自分としては買わずにはいられないのです。
今までも自己啓発書はきらいでなく読んできました。どの本を読んでも、(できる)と思えばできるとか、マイナスの言葉は口にしないとか、自分を好きになろう・・・本当にごもっともな訳です。  正直、最近いろいろ焦ってます。
歳をとるごとにカッコ良くなれとfats berryの谷崎さんが教えてくれました。ものの考え方 言い方 接し方 仕事への取り組み方。
この本の影響ではないけど残り2ヶ月いろいろな事をみつめ直す時期かなと感じます。
                   大川

caf'e praha


prahaに来て頂いた時間を少しでも楽しんでもらえたらと考えた一つに 美味しくて可愛いものを
出そうと決めました。coffeeやお菓子など厳選し、どこのサロンよりもこだわって、みんなで美味しい入れ方や見栄えなど意見を出し合い話し合ってます。
美味しいものを引き立ててくれのが食器ですよね。
prahaで使用しているのが アスティエ ド ヴィラット 一個一個が手作りで彫刻に近い作り方をしているそうです。大量生産せず、一つ一つを丁寧に大切に作る、そんな職人が僕はすきです。
髪型も食器と一緒です。その人がいて髪型がある。引き立つか引き立たたないかは美容師しだいですね。 がんばるぞ。
             大川

年賀状


今年も年賀状を書き始める時期がきました。みなさんは書きますか? 書きましょう。
メールもいいけど手書きの方が嬉しですよね。
とゆう事で年賀状用にこんな髪型を切ってみました。襟足が可愛いですね〜
元旦に届くようにがんばります。       
                大川

代官山の花屋さん

やっと可愛い花屋さんを見つけました。prahaの近くにあるvogel (フォーゲル)。店内にはドライフラワーがセンスよく下げられ、鳥かごの中には小鳥がいてお店のBGMが鳥の鳴き声。素敵です。
お店の方々も優柔不断な僕に親切にして下さり、花屋さんとゆう職業も美容師と一緒で夢があるなぁと感じます。

もうすぐクリスマス、vogelでリースを作って頂きました。とっても可愛いく仕上げて頂きました。


大川

prahaの絵



prahaのdm、バースデイカード、看板などを書いてくれてるのが彼 山ちゃんです。彼の絵はフランス的で愛と優しさが感じられます。ロマンス派のprahaには、とても良くマッチするのです。
彼の絵のおかげでprahaは色があるのでしょう。                    
山ちゃんは渋谷、宮益坂のquatre cafeのギャルソンです。料理も美味しく音楽も最高です。是非行ってみて下さい。                                               
                               大川

上野の森


僕の好きなエコール・ド・パリの画家 レオナール藤田展、感動しました。今回の展示は渡仏から晩年までの作品が見れ、作風の変化や葛藤を肌で感じることができました。同じ日本人としてもっと頑張ろうとおもいます。                                 


上野ってもしかしたら日本のモンマルトルなのかと思いました。

                                大川

ありがとう

この度は、hp制作にあたり忙し中創ってくれたtamaちゃん本当にありがとう。感謝 感謝      
僕たちpraha,このhpを大切に育てていきたいと思います。
そして4月にスタートするはずのhp・・・半年以上も遅れました。アナログなpraha。



これからもよろしくお願いします。
                                   大川