Night Porter

 


''Night Porter''

 


戦時中ナチス親衛隊の将校だったマックス、強制収容所に収監されていたユダヤ人の少女ルチア。


1957年、冬のウィーン。とあるホテルで夜番のフロント係兼ポーターとして働くマックスとユダヤ人のルチアの再開と恋を描いた作品です。





そこには儚くも、美しい愛がありました!

劇中での、リリアーナ・カヴァー二のショートカットには目を奪われます!

 


ren

 

受け入れてくれるスイミングスクールを探している人


makino

 

sence of update 〜更新の感覚〜


友人の、青木  鑑次郎君の写真集です。

 

 

〜「更新の感覚」とは、ブラウザやアプリを開くだけで最新の情報に切り替わる、ネット上での感覚です。

この感覚は現代人にしか理解できない日常的な感覚です。

現代社会をより善いものへと更新する時、現代人にしみついている、「更新の感覚」 は大きなアドバンテージになります。

そんな更新の感覚を写真集では色んな方向から表現しました。〜

 

 

 

 

 

 



同世代の活躍は刺激になります!
 

 

ren

 

 

 

THE BEEHIVE DELUXE

 

 

 

先日、福岡の美容室THE BEEHIVE DELUXEさんに講習に行かせて頂きました!

 

THE BEEHIVE DELUXEのオーナー上野広子さんが、業界誌で大川さんの作品を見つけ、

 

亡くなってしまったBOSS達也さんに美容に対する考え、日頃から言っていた事がリンクして遠方福岡からPrahaいらして頂いた事が

PrahaとTHE BEEHIVE DELUXEさんが繋がったきっかけとなりました。


オーナー上野さんの熱意、想いに多くのことを感じ、気持ちに応えようと自分達ができる事を精一杯考え、今回のセミナーが実現しました。

セミナーは大川さんが実際にモデルさん2名をカット、シューティングするという内容でした。

 

 

 

 


大川さんの技術を少しでも学ぼうとする視線、姿勢は本当に素晴らしく「東京と福岡」場所は違えど美容に対する熱量は全く同じで、

心から美容が好きで追求していく、その気持ちは変わらないと感じました。
 

セミナー中、「BOSSがいた時の空気になった」とオーナーの上野さん、スタッフの方々が口を揃えておっしゃっていました。

 

THE BEEHIVE DELUXEの方々の接客、美容に取り組む姿勢。

その事は、大川さんが常に僕らスタッフに言っている事と変わりませんでした。

 

サロンにはBOSSの教えがしっかりと残っており、すぐに大川さんとBOSSがリンクした理由がわかりました。

 

常に発信し続けられる存在でありたい。
そう強く感じ、本当にたくさんのことを学ばせて頂いたセミナーでした。
上野さんには、この様な機会を設けてくださり、とても感謝しています。

 

もっともっとレベルアップして、またTHE BEEHIVE DELUXEさんにお伺いしたいと思います!

本当にありがとうございました!

 

細部にもこだわりがあって、温かみがあってお店の風格を感じました。

上野さんをはじめスタッフの皆様の素晴らしさに感激です。

 

 

 

 

   

 

 

ren

 

 

 

summervacation information

 

いつもご来店ありがとうございます。

スタイリスト下山の夏休みのお知らせになります。

 

8/13(月曜日)〜8/19(日曜日)

 

の間、夏休みを頂きます。

いつもお休みしないお盆の時期に、ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。

 

shimoyama

 

 

ルベル L STYLE

 

 


美容メーカールベルのHPで、今年の秋冬のトレンドヘアスタイルとして大川さんの作品3スタイルが掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 


秋冬のヘアスタイルの参考に、是非ご覧になってください!
 

ren

 

 

 

 

Evergreen Review

 

 

 

サンフランシスコにて買った洋書

ですが、70年代好きにはたまらない

古本洋書であります。

 

 

 

 

1970年

トミーウンゲラー

チャールズ・ブコウスキー

 

 

 

これからも、どこかで色々と探せたら楽しいですね!

ヘアーのスパイスになったら嬉しいです。

 

 

shimoyama

 

 

 

イサム・ノグチ展

東京オペラシティ アートギャラリーで開催中の、イサム・ノグチ展を観に行ってきました。

 

15年前にイサム・ノグチを観たとき、情けないながら僕は本当の“良さ”には気づけませんでした。

今回改めてイサム・ノグチを見て“良さ“をきちんと解せた気がします。

 

それは晩年のノグチの作品の ”日常に溶け込みながら素材と向き合い最大限に活かし、デザインされているもの“という部分でした。

 

正にヘアカットもそうだと思いました。

ヘアスタイルはそこに時代性を加えればきっとかっこよく、可愛くなります!



makino

アンソリューム

 

 

 

Prahaのお客様である、Foragerの上野様からアンソリュームというお花を頂きました。

 

 

 

 

 

いつも素敵なお花をありがとうございます!

 

 

kei

 

 

 

cut→styling→photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

cut  : ohkawa

make  : saki

styling : ohkawa

photo  : ohkawa

 

 

 

saki