ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

 

 

 

 

 

国立西洋美術館で開催中の展覧会

「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」に行ってきました。

 

 

画家としての、ル・コルビュジエの作品を始め、

建築、インテリアデザインなど多方面にわたる活動の作品の数々が展示されていました。

 

 

今までにない新しい考え、思想の実現を目指し創られた作品からは、

デザイナー、作り手としての真の姿を感じる事ができました。

 

 

ren

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL