飲めないジュースが現実ではないとしたら、私たちはこの形でこの世界にいないだろう、という本

 

 

 

昨年、埼玉の現代美術館で展示をした友人の斉藤さんに、展示を記録した本を頂きました。

 

実際展示を見に行ったのですが、本で見返すとその時は見えてこなかった部分も分かってきました。

 

 

 

 

 

 

 

作品を体感するライブ感もいいですが、

後々ゆっくり考えながら作品集や画集を見るのも、はっと気づく事があって楽しいです。

 

時代の流れで休刊になる雑誌があったり、タブレットで本を読むようになる今日ですが、

紙の質感や手元で見る感じを、作者によって考えられて作られた本が手元にあると、

作り手の想いが伝わってくるようでいいなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

makino

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL