写真家チェ・ゲバラが見た世界

写真展「チェ・ゲバラが見た世界」に行ってきました。


チェ・ゲバラが歩んできた軌跡を写し、迫力、パワーを感じ圧倒される様な作品の数々でした。
作家の人間性、キューバへの想い、情熱を感じました。


なにかを変える、新しいモノを創ることはとてもエネルギーが必要な事だと思います。
自分の身を削ってでも、誰かのため、なにかのためを想い、行動していく事。


その想いが人一倍あったからこそ、たくさんの人々に愛され、尊敬される存在になったのだと思います。

自分もその想いの中で、日々お客様、お店のために尽くしていきたいと改めて考えさせられた展覧会となりました。



ren

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL