cafe&wine bar GENTIL open!

 

 

 

 

 

Prahaの2Fに、cafe&winebar オープンしました!
 

お店の名前は GENTIL(ジャンティ
カフェとワイン、おつまみメインのお店です。
 

お昼はランチプレート、カフェとケーキ、

夜はワインとおつまみでゆっくりした時間を楽しんでいただけたらと思います。

 

今後はランチメニューやおすすめワインなどお伝えしていきます。

 

ぜひお気軽にお越しくださいませ!

 

 

 

 

’’GENTIL’’

 

 

12:00−22:00

水曜定休 ※7月より月2回の不定休あり

東京都渋谷区代官山町14−6 2F(Prahaの螺旋階段からお上りください)

tel   080-9983-4449

URL https://www.instagram.com/gentil_daikanyama/

 

12:00〜16:00  ランチタイム (L.O.14:30)
16:00〜17:00  close
17:00〜22:00 (L.O.21:00)

 

 

 

母の言葉

 

 

美容師を目指したきっかけを思い出した一枚です。

 

 

当時5歳の私の二つ結びの手さばきをみた母が

「すごい上手!天才!」と褒めてくれた一言でした。

 

 

あれから20年が経ち、現実を思い知った私は

厳しくもやりがいのある美容を楽しんでおります。

 

 

母の言葉は偉大です。

 

 

写真 木村伊兵衛のパリ 1954 −1955

 

 

kei

 

 

 

代官山の釣り名人

 

 

 

 

代官山の釣り名人にタチウオを頂きました!

 

いつも無言でお魚を差し出してくれるご近所のお父さん。

 

お料理にした写真をお見せすると、

 

チラッとこちらを見て嬉しそうなお父さんをみるのが嬉しくて

 

慣れないお魚料理も楽しんで調理し、美味しくいただいております!

 

お腹も心もいっぱいです!

 

いつもありがとうございます!

 

 

 

kei

 

 

 

today movie

 

 

場面はほぼ家の中、ですが話はどんどん展開していく、3本です!

 

 

しとやかな獣

 

 

 

 

家族の肖像

 

 

 

 

毛皮のマリーズ

 

 

 

stayhomeな今、お客様からお料理作りにハマってトウファを作っていらしたり

家の断捨離とともにいらないものは寄付にあてたり、今の時間を楽しまれている話をききます。

 

 

楽しさ半分、体はお疲れだと思いますのでぜひしっかりマッサージさせてくださいね!

Prahaは元気に営業しています!お会いできる日を楽しみにしております!

 

 

kei

 

 

before after

もしも眼鏡と髪に意思があったら
どんな姿を見せてくれるだろう。

 

 

 

斬新な解釈から作品を展開します。

 

 

 

 

 

「映画から着想を得る」

 

眼鏡と髪が互いに主張して絡み合うイメージから生まれました。

で言うと恋愛のようなことかもしれません。

昔、クシシュトフ・キェシロフスキの映画を見たときに

愛はいろいろな形、色の表現があると感じました。

それをもとに今回のモデルを3色に落とし込みました。

 

 

「恋愛の衝動から創作」


本来、眼鏡と髪は人が選択するものですが、恋をした眼鏡と髪は感情を抑えられず意思のままに動きます。

眼鏡にあわせて髪は踊り、髪にあわせて眼鏡は寄り添います。

それぞれの行為が人を勝り、眼鏡と髪が人を作り出していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「世界観を決める選択」

 

例えばジョン&ヨーコのように恋人同士が持つ雰囲気を

この作品で出せるよう意識し、眼鏡と髪をカップルと考えてマッチするセレクトをしました。

作品を具現化するにはさまざまな選択肢がありますが、そのうちの1つが眼鏡であり、印象を決めるカギになっています。

 

 

 

 

 

 

 

hair @praha_ohkawa
stylist  @saoriitostylist
photogrpaher @yusuke.matsuyama

make @keikoshigoe

today

 

大川がスタッフの高津をカットしました!

 

 

 

 

kei

 

 

赤キャップ

 

 

 

 

バレンタインデーの日、大川さんのバックから赤いキャップが3つ

 


Prahaとして少しでも前向きな気持ちに、

明るい話題を発信していきたいと思っています。

 

 

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

kei

 

 

 

SPUR2月号 大川掲載

 

 

SPUR 2月号に、大川の対談が掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひご覧いただけましたら嬉しいです!

 

 

Praha

 

 

x mas party !

 

毎年恒例 x mas party をしました!

 

お料理は今回も持ち寄りです!

 

 

 

 

ちょっぴり大人なティラミスケーキ     by saki

 

 

 

明太おうどん     by miko

 

 

 

The Xmas tree salad     by shimoyama

 

 

 

ピーマンの肉詰め 仮屋崎風     by makino

 

 

 

春雨モリモリヤムウンセン     by ayu

 

 

 

アベスパイス特性のタンドリーチキン     by ayu

 

 

 

思い出のトマト煮込み     by ren

 

 

 

3時間、愛を込めて作りました。pad thai     by kei

 

 

 

 

 

 

 

 

スペシャルゲストもお迎えでき、手作りのお料理も美味しく楽しくいただきました!

 

皆様も素敵なクリスマスになりますように!

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

kei

 

 

天才たちの頭の中

 

 

 

 

 

「あなたはなぜクリエイティブなのですか?」

 

 

様々なクリエイターに30年間問い続けた

ハーマン・ヴァスケ監督。

 

 

「本能を制御できた時、クリエイションは生まれる」北野武

「挑発的な要素があるから芸術と言われる。ないものは ただの装飾だ」アイ・ウェイウェイ

 

 

ものづくりをする上で107のヒントがもらえる一本です。

Prahaでは間近でこのヒントをもらえる最高の場所だと思っています。

 

今年もあと少しですが、来年はクリエイションの一年にしていきたいです!

 

 

kei