2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>



24歳の誕生日会を開いて頂きました!

手料理を振舞って頂き、すごく楽しい時間でした!

shimoyama 「野菜たっぷりのプロテインサラダ」

abe「手作りサルサとワカモーレのタコス&ナチョス」

ROOM51「鴨肉の唐揚げ 〜カレーとナンプラ〜」

kei「愛と手塩で握ったもち米100%おにぎり」


今年で、美容師も4年目になりこれからの1年は、美容師としても人としても今後を左右する大切な1年となると思います!

大きく成長し、prahaのためお客様のために精一杯精進し飛躍の年にしたいと思います!!

ありがとうございました!


ren


写真展「チェ・ゲバラが見た世界」に行ってきました。


チェ・ゲバラが歩んできた軌跡を写し、迫力、パワーを感じ圧倒される様な作品の数々でした。
作家の人間性、キューバへの想い、情熱を感じました。


なにかを変える、新しいモノを創ることはとてもエネルギーが必要な事だと思います。
自分の身を削ってでも、誰かのため、なにかのためを想い、行動していく事。


その想いが人一倍あったからこそ、たくさんの人々に愛され、尊敬される存在になったのだと思います。

自分もその想いの中で、日々お客様、お店のために尽くしていきたいと改めて考えさせられた展覧会となりました。



ren


 

 

 

 

 


NYを拠点とするベルギー人フォトグラファー、クエンティン・デ・ブリエ。

友人、恋人とのひと時、街へ出た時の瞬間を捉え作者の日常を伝えるている様な写真集です。

 


 

 

 

 

 


写真の色使い、目を向ける視点。

元プロスケーターだからこそ、その瞬間の些細な変化や表情を切り取る事ができオリジナリティが生まれるのだと思いました。

 

 

 


普段の何気ない友人、恋人との時間。
過ぎてしまっている風景。

その時間、景色に目を向け、たくさんのインスピレーションの中に自分を置くことが

 

 

 

 

自分だけにしか、表現できない作品を創るために大切な事だと感じました。

 

 

 

 

ren

 


 


東京都写真美術館で開催中の


荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-展に行ってきました。


「妻、陽子」をテーマにあてた展覧会でした。


1人の女性として、被写体として写真家人生に無くてはならない存在だったのがすごく感じられる展覧会でした。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その人の持つ魅力を最大限に絵として表現する。
1枚の写真のために、被写体となる人の事を思い、向き合う。

美容師にも通ずる所があり、髪型を創る中でお客様やモデルさんの事をどれだけ考えられて、向き合えるかという事の大切さを改めて実感させられた展覧会となりました。



ren

 


 


東京都写真美術館で開催されたダヤニータ・シンの写真展に行ってきました。


インド・ニューデリー出身の写真家ダヤニータ・シン。

 

 


普段見る機会の多いアメリカやヨーロッパ、日本のフォトグラファーの写真

それに対して、インド出身のフォトグラファーが撮る写真。見ているもの。

その絵が見てみたいと思い足を運びました。


 

 

 

 

 




インドの人々がカメラに向ける視線、表情。その写真からはインドの持つ美しさが見えました。


インドの人々の素敵な日常を写真を通して切り取って行く。


そんな想いを写真から感じました。

ren

 

 


 

SPUR webマガジンとdysonヘアドライヤーのタイアップ企画で

 

「わたしとあるドライヤーの物語」がSPUR webマガジンに掲載されました。

 

その中で大川さんが3スタイル提案させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルさん、関係者の方々、ご協力して頂きまして本当にありがとうございました!

 

SPUR webマガジンで公開中ですので是非ご覧になって下さい!

 

 

 

 

 

REN


 

bunkamuraで開催中のソールライター展に行って来ました。

 

200点以上の写真作品、絵画作品を展示しておりそのすべてがすごく素敵でした。

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

色合い、被写体の表情等から絵画の様な写真の数々でした。

 

美しい瞬間が日常にこんなにあるのだと気付かされた展覧会でした。

 

6月25日まで開催中ですので是非足を運んでみて下さい!

 

 

 

shinoe

 


 


横浜美術館で開催中のファッションとアート麗しき東西交流展に行ってきました!
 

 


この展覧会は、明治以降日本で急速に浸透したヨーロッパのファッション、ライフスタイルの文化と

 

ヨーロッパでは着物や美術品に影響を受け起こったジャポニズムブームを

 

当時のドレス、着物、芸術品などで、どのように新しいモノが見出されて行ったかを紹介していく展覧会でした!



 

 

 

 

 

 

 

 

1920年代のシャネルやランバンのドレスや、

 

互いに影響を受け変わっていくドレス、着物を実際に見る事が出来素晴らしい展示の数々でした。

 

6月25日まで開催中ですので是非足を運んでみて下さい!!

 

 

 

shinoe

 


ロベールドアノー展に行ってきました。

ロベールドアノーはパリを拠点に報道写真やファッション写真の分野で活躍されたフォトグラファーです!





パリの日常を捉え、その写真からはパリの幸せと華やかさを感じました。


被写体の素敵な表情からは、見ている僕まで微笑んでしまう様な写真の数々でした!



写大ギャラリーで6月11日まで解散しているので是非足を運んでみてください!





shinoe


エリオットアーウィット写真展に行って来ました!


エッセイから広告写真まで幅広く活躍されたフォトグラファーの1人です!

 






子供や犬など身近な存在を、ユーモアに捉え思わずクスクスっとしてしまう様な写真の数々でした!


また、日常を小さなドラマの様に写し映画のワンシーンを見ているかの様でした!


光と陰。モノクロ写真の良さを改めて実家する写真展となりました!




shinoe


                    http://salon-praha.com